忍者ブログ
テディベアのおでかけ写真日記

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/08/18 (Fri) / / comment()

ホイップベアー

絵がかわいくて、何度も何度も読み返しました。

優しいお父さんとお母さんのもとに生まれた、くまのホイップ。
ある日、お母さんとお父さんが川に流され、ひとりぼっちになってしまう。
そこから、立ち直り、一人で生きていくようになる、という物語です。

初めて一人で釣った魚を、自分で料理し、その魚を食べるシーンの顔がとにかくかわいい(笑)。

すごく、切なくて、悲しくて。。

シリーズをすべて読んでもらいたいです。


ホイップベアーのおせんたく (Whip Bear)

二作目のこの本は、ストーリーがほのぼの。
なんだか優しい気持ちなれる絵本でした。

くまなのにやっぱりくまのぬいぐるみを持っていて、
ちゃんとベッドに寝かせたりしているのがかわいかったり。

ホイップベアーときいちご―Whip Bear (Whip Bear)

前作ではやっと友達ができた、というのに、
今回は当たり前のようにたくさんの友達が(笑)。

モグラさんがかわいいです。

最後にちょっとサプライズ(?)が。


ホイップベアーのふゆじたく―Whip Bear (Whip Bear)

ホイップベアーの絵本のシリーズの最終作。

もうすぐ冬が来る、というので支度をしていると………。

最後まで読むと本当に嬉しくなります。
PR
2008/10/09 (Thu) / お薦め絵本 / comment(0)

クマの名前は日曜日

くまの"日曜日"が大好きな男の子。
だけど、ふと思う。"日曜日"は僕のことが好きなのか?

そんなとき、ある夢を見る。
夢の中はくまの町で、自分がぬいぐるみ。

自分のぬいぐるみを、大切にしたいな、と思わせてくれる一冊。

ぬいぐるみとの交流も、子供の心の成長の中では、
とても大切なものなのでしょう。
2008/07/29 (Tue) / お薦め絵本 / comment(0)

こぐまのムースとねずみのロゼッタ

やっぱり絵がかわいい。
子供に見せたくなる、心のこもった絵だ。

こぐまのムースと、ねずみのロゼッタ。
二人の友情の物語。
…というほどおおげさなものでもない。

ムースはとってもやさしくて、ふたりはとてもかわいい。
ほのぼのします。
2008/07/29 (Tue) / お薦め絵本 / comment(0)

さよならまたね

いつも遊んでた友達が、突然お引越しすることを知ったくまの子。
いままでは「さよなら」と言っても次の日には会えたのに。


くまの子たちの顔がまるっこくてかわいい。

クッキーが引っ越すと知って、"ぼく"が「どうしよう、どうしよう」
といいながら布団でころころしているところの絵が一番好きです。

全体にほんわかした雰囲気で、絵もストーリーもすごくよかったです。
2008/07/29 (Tue) / お薦め絵本 / comment(0)
home 次のページ
最新コメント
[05/15 Roony's Paradise]
[09/20 てん]
[06/14 Roony]
[04/27 Roony]
[03/24 Roony]
rss2.0
rss2.0
rss2.0

本館
marshmallow in hotchocolate

忍者ブログ
[PR]